www.floatingglowinghead.com

キャッシングした場合、返済をする時には利率分を含めての払いになるのは知っているはずです。ローン会社は経営の利益を目的とした会社なのですから当然です。ですが支払う方は、1円でも少なく返済したいと思うのが内心でしょう。利息制限法が定められる一世代前は、年間30%近い利率を払わされていましたが、設けられてからは高金利でも年率18%位ととっても低く定められていますので、相当お得になったような気がします。現在の融資の利息幅は4%位から18%位の間が用意されていて、使用可能額により定められます。使用可能額は借り主の評価によって影響します。総量制限により年収の1/3までと決められていますので、年の収入がいくらなのか?どのような職業なのか?カードの利用状況はどうなのか?もろもろ審査され与信額としてカードの内容が決まります。カードを使ったキャッシングの場合利用できる額が10万円〜800万円(各企業でサービスは違います)と広い幅があります。そうしてその範囲の中で決められた使用可能金額により金利も決まるはずです。50万円なら年間18%、300万円なら12%、800万円なら年間4%といった感じになるでしょう。結局、信用が良ければ、貸付可能金額も良くなり、金利も下がるというわけです。この利率に疑問を感じるのは僕だけでしょうか?余談になりますが、金融会社にとって、これらの事実は問題がない事のはずですが、収入の多い人がお金の借入れができないと困ると思えませんし、もしキャッシングローンを利用したとしても利子が多かろうが少なかろうが返済に困る事はないでしょう。反対に収入良くない人は即座にお金が必要だから借りるという方が大半です。利息が良くないとお金の支払いに追われるようになります。ですから可能枠の良くない人こそ低利率で活用できるようにする必要があるのではないでしょうか。これらは使用する視点からの意見です。この事を考慮すると、利率を低くする為にはどうしたら良いのか、何となく理解したはずです。実際にこのようにして手続きを申し込む人が大多数なので説明しますと、キャッシングサービスの申請をする際、年の収入の1/3ぎりぎりの利用上限まで申込みをするのです。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円でこのカードローン審査で全額通ればその分利率が低いキャッシングできるカードを持つことができるのです。であってもMAXギリギリまで利用しなければならないというわけではありません。5万円でも30万円でも必要な金額だけ利用可能です。そのうえ最高利用可能金額が300万円で最低利息年間7%位のローン業者もあります。その会社に申請すればその金融会社の最低利子で使用できます。どう思いましたか?やり方次第で低金利のキャッシングできるカードを持つことが出来るはずです。自分自身の年収と金融会社の利息を比べて、考える事に時間を掛ければ、より満足できる契約で返済ができるため、面倒だと思わず確認するようにしてください。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.floatingglowinghead.com All Rights Reserved.